販売用書籍紹介


資料館が出版した書籍や、扱っている書籍のうち、書店では入手できないものを紹介します。

 書 名     価  格      説 明
資料館パンフレット  500円

岡資料館公式パンフレット。05年8月に出版し現在version2。

原爆と朝鮮人 第1集  1500円 記念すべき長崎における朝鮮人被爆者初実態調査の記録。1982年に刊行後、長らく絶版でしたが増補再刊しました。
原爆と朝鮮人 第2集  1000円 第1集に続き、長崎市の周辺・島嶼部を調査した記録。端島に強制連行された徐正雨さんの証言も収録。
原爆と朝鮮人 第3集  1100円 ここまでの総集編。
原爆と朝鮮人 第4集  1300円 サブタイトル「端島の呻き声」。発見された端島での朝鮮人労働者の死亡者名簿を中心に、強制連行と強制労働の実態に迫る。
原爆と朝鮮人 第5集  2200円 約4万人と見られる佐世保・県北部に連行された朝鮮人の足跡を調査した記録。400ページを超える大作。
原爆と朝鮮人 第6集  売切れ 売切れ、現在絶版。長崎と同じく炭鉱に多数の朝鮮人が連行されていた佐賀県に足を伸ばしての調査記録。岡正治氏の生前の最後の活動となった。
原爆と朝鮮人 第7集  1500円  
道ひとすじに  500円 岡正治さんの自伝、1975年刊。
朝鮮人被爆者とは  450円 朝鮮人被爆者問題に関するコンパクトな小冊子。岡正治・高實康稔共著、1986年刊
さびついた歯車を回そう  1000円 新たに発見した貴重な「華人労務者調査報告書」の全貌とその解説を通じ、端島における中国人強制連行・強制労働問題を考察する。
日本軍は中国でなにをしたか  2000円 毎日新聞記者(当時)の大賀和男さんが撮影・編集した渾身の写真集。
孤塁を守る闘い  2000円 1994年7月、突然の病に倒れた岡氏の代表的な論文、講演や、岡氏と生前交流のあった人々から寄せられた追悼文集。残部僅少。

新刊 ゆるぎない歴史認識を

高實康稔さん追悼集

 1000円 岡さんの遺志を継ぎ、資料館の建設・運営の中心となった高實康稔さん(長崎大学名誉教授・2017年死去)の追悼文集。B5版、182ページ。

これ以外にも「軍艦島に耳を澄ませば」など、多くの書籍やパンフレットを扱っています。書籍購入を希望される方は、メールでお問い合せください。